年齢に負けない美容方法

綺麗な肌の人ほどお手入れはシンプルだった

MENU

アラフォー世代にオススメの美容術

年齢を重ねると変わる肌

以前は美肌だったのに、、とお悩みの女性は多いはずです。

 

若い時からまあまあお肌のお手入れはしてきたつもりの方が大半だと思います。

 

実は私自信36歳あたりから急に老け込み始め、肌はくすみ、たるんで涙型の毛穴が目立つようになり、ほうれい線がくっきり出てくるようになりました。

 

こうなってからはもう遅い!とあきらめて・・・はいけないと思い、42歳の今はがんばってなんとか持ちこたえています。

 

 

まず、キーワードは泡洗顔。

 

どんなに時間がなくても、泡で出てくる洗顔料を更に泡立てネットで泡立てて2〜3分かけて泡洗顔しています。

 

お肌に汚れがある状態ではどんなにいい美容液も無意味ですから!

 

次に、保湿。

 

あまり高いものでなくてもいいので(もちろん高級なものに越したことはありません)顔面を覆うパックを使用してじっくり保湿します。

 

3〜5分後に外したパックは首の保湿に使用してください。

 

首も年齢を感じやすい部位です。

 

お顔と同じスキンケアでシワやたるみを防ぎましょう。

 

美容液やクリームは今のお肌の状態で選んでください。

 

重要なのは肌の負担を減らすこと。

 

泡洗顔の勧めは直接お肌を擦らないようにするため、お化粧するときもなるべく擦らないようにするなどの配慮が大切です。

 

日焼けは美肌の大敵ですが、強い日焼け止めはお肌への負担が大きく、更になかなか落としにくいのであまりオススメしません。

 

SPF20〜30位を使用し、お出かけの際は日傘を使うようにしましょう。

 

気づいた時から始めれば5年後10年後のお肌がきっと違ってきます!一緒に頑張りましょう。